魚を3枚におろしまshow!

1月19日(金)サバの解体ショーを行い、目の前で魚が切り身になっていく過程を見学しました。呼吸するために必要なエラや、小さな小さな心臓などを興味津々で見入り、「なぜ心臓は小さいの?」や「皮がないとどうなるの?」などなど疑問に感じたことを魚博士(調理師)に質問したり、骨や血があることに驚きつつ、「私にもある~」と自分たちと同じであることも学んでいました☆ショーの最後は、目の前でさばいてもらったサバを味噌煮にして、出来立てホカホカの魚を堪能した子どもたちでした♪一匹の魚が食卓にならぶまで、どれだけ手をかけ、心をこめて調理してくれているのかも知るいい機会となりました。