☆お別れ遠足に行ってきました☆

2月15日(金)さくら組の子どもたちが、六甲山人工スキー場へお別れ遠足に行ってきました。何日も前から、「もうすぐそりすべりやな!」ととても楽しみにしていた子どもたち。当日は、お天気にも恵まれ、最高の思い出作り日和になりました!バスの中ではクイズを楽しんだり、うたを歌いながら過ごしました。バスの中から道路に積もっている雪を発見すると、「雪積もってる!」「雪やぁ~」と嬉しそうな声が飛び交っていました。到着し、バスから降りると、「寒いね…」「息白い!」と気温の差を感じることもできました。

準備も整い、いざそりすべりへ!滑り始めると、「はやーい!」「顔に雪がかかってつめたーい」と大はしゃぎ。そして、すべり終えると「もう1回!」「早く登ろう!」と走って雪山に登り、そりを押す職員に「マッハで押して~」と言ったり、2台同時にスタートして、スピードを競ったりと、何度も繰り返し滑っていましたよ。その他にも、雪の上に寝転んでみたり、お友だちと協力して雪だるま作りを楽しみました。昼食のカレーライスでお腹いっぱいになった後も、雪あそびを楽しみ、普段、なかなか体験することのできないあそびを夢中になり楽しむことができました♪  保育園生活最後の遠足!みんなで思い切り楽しみ、ステキな思い出がまた1つ増えた1日となりました☆